blog_616x410-

〇〇ならあの人にお願いしたほうがいい。

〇〇のプロと選ばれる人、認められる人たちが持っているものは何だろうと考えてみる。

 

僕がお店を始めた15年くらい前までは

「僕の仕事は〇〇(肩書き)です。〇〇(悩み・問題)ならお任せください!!」

言葉は悪いけど、これで誤魔化すことができた。けどこれからの時代は張りぼては見透かされてしまう。

HPでどれだけいいこと書いてても、現場があっての言葉なのか他人の言葉なのかはバレてしまう。

個で仕事をするなら、実力があればのし上がれる分かりやすい時代。

逆に実力がなければ淘汰されていく。

 

生き続けるためにプロフェッショナルとして必要な要素とは何でしょうか?

僕の答えは

想像力の幅を持つこと。

そして頭の中で膨らました想像をカタチにするために、懲りずに事実(現場)を積み重ねることができるか。

ここに尽きる。

 

想像を膨らませることなく人に言われたことをやっているだけ、ではいつまで経っても〇〇のプロとは呼んでもらえない。

専門家として選ばれるためには、想像を膨らませて自分の意思をハッキリ打ち出せるくらい専門性を上げられるかどうか。

サロンの乱立でどこもかしこも価格破壊が起きてるという話を聞いたので、そんなことないよと警鐘を鳴らしてみたのでありました。

 

本当に価値があるものにしかキャッシュは生まれない。

人から価値をつけてもらえるのは想像力とこりない積み重ねを持っている人。

まずは頭の中くらいは大きく絵を描かないとね。

blog_hiro_-1

Style Design Salon Hiro Hattori
体型改善やスタイルUPを目指す女性のための会員制サロン

SDS

電話番号
052-753-8776
営業時間
平日9:00 ~ 19:00
土曜9:00 ~ 15:00
定休日
日曜・祝日