blog_hiro_1

一昨日のセミナー前日、天気は曇天→雨模様。

冷たい風が吹き付けて、久しぶりに冷たい雨も降ってた。

プロのサーファーを目指しているわけじゃないし、休みにしてコーヒー飲みに行って時間つぶしたとしても、誰かに迷惑をかけてしまうこともない。

 

けど、やっぱり海に入ってしまう。

波、良かったしね。

顧客満足度のワナの続きです。

 

なんででしょう。

夏に海に入るのは、気持ちがいい。

これは、サーフィンをしない人にも、わかってもらえると思います。

でも、真冬も海に入ってしまう自分がいる。

どうして?

 

好きだから。

上手くなりたいから。

 

これはこれで、大正解なんだけど、ここで終わってしまうと、、、アレなので。

 

冬の時期、波のコンディションが良かった日は少ないし、着替えの時は修行みたいに寒いのに、どうして海に入るのか。

そして、それが自分の仕事とどう繋がるのか?

 

答えは、ここでも自己満足。

 

僕は、サーフィンは

上手い人がカッコいい。

マナーを守れる人がカッコいい。

スタイルをもっている人がカッコいいと思ってる。

 

そのカッコいいと感じる人たちは、誰かのためにサーフィンをしている人はいないし、付き合いで海に入っている人もいない。

それぞれが、自分のためにサーフィンをやっている。

自分の欲求を満たす方法のひとつとしてサーフィンを選んで、純粋にサーフィンを楽しみ、チャレンジをし続けている。(だと思う)

そのライディングの姿を見て、僕の胸は高鳴る。

 

自分を満たすことができている人は、人から何を言われようと自分のことを信じている。

自分を信じることができるようになると、悩むことがなくなる。

悩むことがなくなるということが、「大人になる」ということ。

 

たくさん自己満足があると、いろんなことにちゃんと責任を持てるようになるんですね。

サロンワークもこれと全く同じ。

 

なんて考えながら、まだまだ、迷ったり、上がったり、下がったりしちゃうんだけどね。

でも、どちらも、そう思いながら続けていることで、そーゆー時間が、減って、無心でチャレンジできる精神が育っていかないものかと。

だから僕は真冬も海に入る。

 

自分の軸を持てない大人はカッコ悪い。

人のことまで無理でも、自分のことくらいはね。

そして、それがいつか人のため、、、になるくらいになったら最高なのです。

自分との約束、マイルールを守っている人は強いのだ。

78364(ナヤミムヨ〜)

blog_hiro_